ホーム > 製品・サービス

製品・サービス

フィルム入力

置き版・在版フイルム入力サービス
「置き版フイルムのデジタル化」をサポート

  • 原稿サイズ B全ワイド(812.2×1,117.6mm)まで対応
  • フイルム(ポジ・ネガ)及びペーパーをコピードット専用スキャナにて入力
  • DCS形式の1bitt(白黒のモノクロ2階調)TIFFやEPSを作成
    置版フイルムから、DTPソフト(QuarkXPressやInDesignなど)で貼り込めるデータを作成します。

旧クレオ社 Renaissance System

旧クレオ社 Renaissance System ロゴ

スキャニングし最適化されたコピードットデータは、本機校正DDCPの色校正に仕上がりを確認できます。

▲このページのトップへ

Renaissance(ルネッサンス) System にできること

  • G3,G4,DCS,EPS,TIFF各種フォーマット対応
  • 拡大・縮小処理
  • 網消し処理(Descreening機能 8bit CMYK画像に変換)
  • キズ・ゴミ消し加工
  • 出力解像度 1,200~4,000dpi
  • Resampling
    例えば「2,400dpi → 2,540dpi」や「2,400dpi → 2,438.4dpi」のように、出力機の仕様に応じて解像度を変換・最適化します。
  • Calibration網点補正 (トーンカーブによるドットゲイン補正)
    RIPのキャリブレーションのような自由度の高いドットゲイン補正が可能で、網点の太らせ・細らせ処理を行なうことができます。
  • Reformat
    TIFF、EPS、DCS EPS、Composite EPS、RENATUS用DCSなど、あらゆるフォーマット変換が可能です。

旧クレオ社 Renaissance System 作業画像1
フイルムをドラムにセットしています

旧クレオ社 Renaissance System 作業画像2
3台のワークステーションで高精度な処理を行ないます

▲このページのトップへ

Descreening(ディスクリーニング)処理

  • 入力した1bit画像を、いつもPhotoshopで編集している8bit×4(32bit)のCMYK画像に変換します
    印刷物をスキャニングした画像より高品質!!
    用途によって解像度やぼかし具合(シャープネス加減)も選択できます
原稿のまま網点が忠実に再現されている1bit(モノクロ2階調)画像 矢印 画像編集ソフトで自在に修整できる8bit(CMYK)画像
原稿のまま網点が忠実に再現されている
1bit(モノクロ2階調)画像
※よりわかりやすくするため、
4版分のデータを重ねています
  画像編集ソフトで自在に修整できる
8bit(CMYK)画像

▲このページのトップへ

本機校正フッター